about Kaori Furukawa

自己紹介

私は、数年間、幼稚園で小さい子どもの発達と健康に関わる仕事をしたあと、高等学校の保健室で長年勤めて来ました。

仕事内容は、救命処置を含む緊急対応、生徒の健康管理、健康教育です。日々の些末なことへの対応もあり、雑多な仕事でした。

教員や保護者を含めて、個人や集団のトラブルの解決も主な仕事でした。

それは、問題をシンプルに解き明かすこと、光の当たっていない場所に光を当てるということでもありました。

そこから物事を創造(再構築)することが仕事だったと思います。

好きな仕事だったと思います。

 

さて、私の名前は、「郁(かおり)」です。

この字は「文化のかおりがする」という意味があり、とても好きです。

私にとって文化は、創造です。健康も文化であり、創造です。

学校に勤めているときも根底にその思いを持って、子どもたち集団に関わってきました。

また、子ども本人が自分自身でいられることも大切にしてきました。

そこを通過しての子どもたち全体の成長が喜びでした。

 

今、私は自分の世界を少し広げてみようと思って仕事を変えました。

これからも、私は、変化しますが、いつもそのような視点と喜びをもって、みなさんに、貢献できたら嬉しいです。私もまだまだ発展途上です。

私自身の目的地は、調和した、平和な世界の体感です。

 

少しでも暮らしやすい社会であるように、

身近なところから、

海外の子どもたちの支援もしたいと思っています。

 

 

ちなみに潜在数秘術では(お勉強したもらったら意味はすぐ分かります)、

LP7、D3、S6です。オタクなまでの探究心と直観力、子ども心と生きる楽しさを表現する使命、そして、人の喜びと場の調和・平和を求める人という感じです。

 

趣味は、

小説を読んで、人の思いや哲学、

歴史の片隅にいたかも知れない人や出来事に触れること。

図解が好きで、一人でこっそり描きます。

スキルアップのため(笑)、お絵かきクラブに通っています。

 

潜在数秘術ファシリティター、タロット・リーダー

コア・カウンセラー

マクロビオティック・パーソナルシェフ

望診法アドバイザー

サトヴィック・アーユルヴェーダ基礎コース終了

アートオブ・ラヴィングタッチ・セラピスト

 

看護学修士(小児看護学、専門:思春期の人間関係について)

看護師

教員免許:養護教諭、高等学校教員免許:看護

 

先生たちや生徒へのコアカウンセリングを学校現場でもしてきました。変化が見えて嬉しかったです。

潜在数秘を使った仲間づくりや、個人の力を発揮させ、組織を効率的に動かすこともできました。子どもたちにも大好評でした。

私の履歴書 創職ラボラトリーマイポートフォリオ